東京、冬の入り口ですね

 

みなさま、本日もたのしく鞄とYouTubeしてますか?

UNBY PRの齋藤です。

 

ちょっと今回は,齋藤のセンチメンタルなお話でも。

冬ですね。

私は、秋が異常に好きなんですけれども。

 

 

私が東京に上京してきたのって

11月だったんですね。

ちょうど23歳くらいだったと思います。

 

東京にはどこもかしこも

おしゃれな人がいっぱい、

高そうなお洋服が、靴が

どのお店にもそれはきちんと整列していて、

乾き始めた冷たい空気に

ネオンサインは ぱっきりと灯って、

街行く人がみんな楽しそうに急いでいて

乗り遅れないで!

振り返らないで!

必死でした。

今なら人のいない裏道を歩ける

渋谷も原宿も、

たくさんの人のリズムに

無理に合わせて歩きました。

 

 

 

 

 

 

f:id:hynm_saito:20161129130138j:plain

 

f:id:hynm_saito:20161120145813j:plain

 

f:id:hynm_saito:20161202140321j:plain

 

f:id:hynm_saito:20161119212507j:plain

 

 

東京は知らないことを

たくさん教えてくれました。

 

大きなクラブにも行ったし、

何回もバイクの後ろに乗せてくれた

気のいい男の子もいた、

マンションの中にある隠れたカフェの

1000円するチャイ・ティーに

ビビりながらおかわり、

欲しい服はお給料日前に

何着も何着も見つかって。

 

 仲の良い友達たち、

仲間たちにも会えました。

ちょっといい気にも、

させてくれました。

東京はいつもいつもピカピカで、

わたしを踊らせてくれる要素ばっかり。

 

若さは馬鹿さ とはよく言ったもので

そのときのルームメイトと、

「ジャーナルスタンダー○の店員さんか

ハリウッ○ランチマーケットの店員さん

と付き合う!目標!」

「わったしも〜!A.P.○も最高!」

などとしゃべっていました。

過去の自分のこととは言え、

「おめーら景気いいな!!」って

言ってやりたい(笑)

上記のスタッフ様、いまは

やましい気持ちなどなく

純粋なカスタマーとして

入店していますので。。。

 

 

f:id:hynm_saito:20160603035102j:plain

 

f:id:hynm_saito:20160603035116j:plain

 

冬の夜の空は撫でたら跡がつきそうな

起毛感を増して、

重量があるように沈みながら吹く風に

体温の境界線がはっきりしてくる。

安いお香ばかりを焚いた

あの小さなワンルーム

運命は 夜に変わるものだと信じてた。

未来がまだまだある、からこそ、

お金は全然なくって、

欲しいものはたくさん目に留まるのに、

いつまでも私の手には入らない。

何者にもなれない自分が

恥ずかしくて悔しかった。

 

 

あの東京はどこに行ったんだろう。

乾いていて 急いでいて 早くて 

いろいろ欲しいのに

まるで遠くて

まぶしくて

羨ましいくらいの、小さな 光、

あの、光 だらけだった東京は。

東京、いつまでも他人のような君。

わたしを いつもひとりぼっちにしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↓

 ↓

うんうん、いいね。

いいねいいね、

上京したて感の切なさがいいね、

きゅんとしちゃうよ〜

さて2016年、冬ですよ、問題は。

モノを申したいよ,私は。

つーか申すために

前半のプロローグ書いたんだけど。

 

 

f:id:hynm_saito:20161031184304j:plain

 ズゥウウウウウウウウウウウウ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ンンン・・・・・・

※会社の玄関

 

 

f:id:hynm_saito:20161207213558j:plain

 

 

f:id:hynm_saito:20161207213604j:plain

 

 

f:id:hynm_saito:20161207213620p:plain

 

 

f:id:hynm_saito:20161207213637j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと。ねえ、おい。

 

 

 

あのキラキラをマジ横目に

ファミマのカフェラテギャンギメ5杯

「ちかさん今日飲みますね〜笑」・・・

 

 

ななななんなんなんなん!!??

おれの乾いた、チビッこい光光光の

なんだっあれだっ、

東京どこいったん???

Macの画面見過ぎで

目ェチカチカしとる!!!??

これがあの、わたしがまばゆんでた

東京の小さな光!?

ち、違う!

 

!!!!!!これやない!!!!!!!

 

 

 

・・・・・・

や、まあもういいんだけどね、

いろいろ終わらないわたしが悪いよね。

一生懸命お仕事してる男子たちも尊いし

良い会社ではある、間違いなく。

でも女子の働く姿勢として

正しいのかしら。

むにゃにゃ?夢かにゃ?にゃに?これは。

そこそこぎゃふんな東京、

まさかのこんな大人になるとおもってなかったけど。。

めっちゃ想定外だったけど。。

 

TOKYO, TOKYO.

ぶっちゃけお前が

もうわたしの第二のホームだわ、

まだまだ全力で愛してやんよ、

いつまでも他人な顔、

し・て・ん・な・よな!!!!!

 

 

 

2016年、冬の齋藤の散文的備忘録に

おつきあいいただき

本当にありがとうございます。

 

上京したての、膨らみ続ける期待感と

追いつかないさみしさとの

あの、ごちゃまぜの季節を思い出して

休日出勤していた晴れた日に(死〜ん)

仕事の気分転換に

とても楽しくキーボードを打ちました。

休日出勤のかいもあって

クリスマスのページも出来上がりました!

ギフトに悩んでる女子は見てみてね!

メンズはさりげなくURLを彼女に転送!

 2016 X'mas - UNBY GENERAL GOODS STORE

f:id:hynm_saito:20161206113339j:plain

 

いつも優しくしてくださるみなさま

ありがとうございます。

でもさ、なんとなく癒されても良いと思うの。

齋藤が見失った小さな光

見つけた方はご一報くださいね。

 

 

 

chika×××

 

 

 

f:id:hynm_saito:20131128230322j:plain

ワイの東京の小さな光ちゃんたち、

おまいらどこいったんや〜😭